…………【関節反射ショック理論】 …………
1)関節受容器によるフィードフォワード制御
2)〈序章〉~関節機能障害と痛み~
3)〈本編①〉~肘内障の実像に迫る~
4)〈本編②〉~微小関節反射ショックと遅発性ハードペイン~

 当記事は2016年5月の旧BFI研究会(当会の前身)での講演の一部です(その後若干の軌道修正に伴い変更された箇所あり)。

 尚、本論は「関節反射の視点」を前提にした仮説ですので、「関節受容器によるフィードフォワード制御」を事前にお読みいただければと思います。
 
 最初に当日プログラムの一部を引用します。

 一般に関節包内運動の障害(関節面の引っかかり)を説明する際に引用されることの多い肘内障。しかし肘内障の病態にあっては未だ完全に解明されていない部分がある。そこで肘内障発症の真のメカニズムを考察する過程で導き出されたものが「関節反射ショック理論」。

 この仮説は実は肘内障のみならず突然瞬間的に現れる激痛に対する合理的な解釈を可能にする。その例を以下に列挙する。

 ・突然前触れもなくガクンと膝が抜けたようになって激痛を感じた
 ・突然足部(とくに踵あたり)に激痛が現れて足を着けなくなった
 ・突然股関節に激痛が走り、荷重できない状態になった
 ・後ろにある物を取ろうとして、不自然に上体を捻って手を伸ばした瞬間、肩に激痛が走って数秒間余韻が続いた
 ・車のハンドルを握っているとき、いつもと違う不自然な握り方をしてしまったせいか、突然指の中のどこかの神経に触った?と錯覚するほどの激痛が走った

 これらの現象はすべて関節軟部組織の一瞬一過性に現れる緊張消失であり、急性一過性内圧低下症候群とも言うべき病態。筆者はこれを「関節反射ショック」と呼んでおり、ほぼ同時に現れる瞬間的な激痛はまさしくハードペインだと考えられる。

 基本的に関節反射ショックは数秒あるいは数十秒以内に回復する。これが小児の腕橈Jに発生したとき、その際の運動回路のプログラムエラーが小脳や前庭核に保存されてしまうと反復性の肘内障(いわゆるクセになるタイプ)になる。同様のメカニズムが膝ロッキングでも包含されている。

 関節反射ショックを起こす原因は種々の可能性が考えられるが、特に子供の場合は中枢の発達臨界(大脳12歳、小脳8歳と言われる)に達するまでは関節反射に対する中枢制御が不完全なことが背景にあると考えられ、大人の場合、いわゆる脳疲労ーメタボリックインバランス(脳代謝機能不全)ー に起因すると考えられる。

 関節反射ショック自体は数分以上も続くことはあり得ないと考えられるが、その後も関節軟部組織の低緊張が続くケースがある。これは中枢における運動回路(緊張制御システム)が回復し切らないためで、そこにソフトペインが醸成されると関節トーヌスの低緊張と慢性痛が…

 この続きは当日の研修会で…。

…………【関節反射ショック理論】 …………
1)関節受容器によるフィードフォワード制御
2)〈序章〉~関節機能障害と痛み~
3)〈本編①〉~肘内障の実像に迫る~
4)〈本編②〉~微小関節反射ショックと遅発性ハードペイン~

 当日の講演では、会員から届いた質問メールを紹介した上で、その返答を読み上げるというスタイルで始まりました。そのメール内容と筆者の返信を以下に再現します。

この続きは会員レベルを上げるとご覧いただけます(手続き後はトップページに遷移しますので本ページのURLをコピーしておくことをお奨めします)。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

脳と心と身体の統合をデザインするプロフェッショナル・ライセンス“PIT”

ウェルビーングの未来を担うのは認知科学と医療の融合です。

これを実現させる認定資格のひとつに“PIT”があります。

あなたも当会のゴールド会員になって“PIT”を目指しませんか?