当記事は2016年5月の旧BFI研究会(当会の前身)での講演の一部です(その後若干の軌道修正に伴い変更箇所あり)。

…………【関節反射ショック理論】 …………
1)関節受容器によるフィードフォワード制御
2)〈序章〉~関節機能障害と痛み~
3)〈本編①〉~肘内障の実像に迫る~
4)〈本編②〉~微小関節反射ショックと遅発性ハードペイン~

関節反射ショックはギックリ腰の要因になり得るか?

 本編①において、肘内障の真の病態は関節トーヌスの瞬間消失すなわち一過性の関節内圧の極限低下(関節反射ショック)であること、ならびにそのメカニズム(関節受容器および中枢の関与)について解説しました。

 …ならば、ギックリ腰の中に関節反射ショック由来の痛みはあるのか?同様の現象は脊柱でも起こり得るか?といった疑問が浮上します。

 結論から言うと、その可能性は極めて低いと考えられます。その理由として、関節反射ショックはごく短時間-数秒、長くても数十秒-で回復する現象であるため、そもそもギックリ腰の症状を説明できないということ、さらに椎間関節や仙腸関節のような平面関節や半関節においては、小児の腕頭Jのような軸偏位は想定され得ない…。
 
 また脊柱には関節受容器のTypeⅢが存在しない(組織学的知見として報告されていない)ことから、本編①で取り上げた「Type I & II 」と「TypeⅢ」の連係エラーという現象は発生し得ません。

 カイロプラクティックでは歴史的にスラスト法が長きにわたって用いられてきた(今となってはその使用は限定的になりつつあるようですが)経緯があり、他の整体テクニックの状況を顧慮しても、脊柱に関節反射ショックが起こる可能性は相当に低いと考えられます。

微小関節反射ショックは遅発性の痛みを引き起こす

残りのコンテンツを表示するには、ログインする必要があります。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

脳と心と身体の統合をデザインするプロフェッショナル・ライセンス“PIT”

ウェルビーングの未来を担うのは認知科学と医療の融合です。

これを実現させる認定資格のひとつに“PIT”があります。

あなたも当会のゴールド会員になって“PIT”を目指しませんか?