概要

 痛みの臨床において、アレキシサイミア(失感情症)は治療家泣かせと言われており、心身統合療法士にとっても最重要テーマのひとつと言っても過言ではありません。

 今回は胃腸の不調がトリガーとなって引きこもりになった症例に対して、精緻な問診を進めるなかでアレキシサイミアの可能性を感じ、徐々に核心に迫るプロセス(実際の診察場面)がご覧いただけます。

 問診の結果を踏まえて、TAS-20を実施したところ、80点という結果となり、ほぼ間違いないであろうと推断した症例です(下の画像はその実際の記録用紙)。

 アレキシサイミアはCRPS(RSD)や線維筋痛症を含め、難治性疼痛の症例に多く見られ、ありふれた運動器疾患に隠れていることも少なくありません。

 本動画を視聴することで、痛みの改善が得られにくい症例に遭遇した際、アレキシサイミアの視点を持ってクリニカルコミュニケーションを図ることで、施術家の臨床力UPにつながります(結果としてそうであったにせよ、そうでなかったにせよ…)。是非ご視聴ください。

動画(①~②全40分)

本講演を視聴するにはゴールド会員へのアップグレードが必要です(詳しくはこちら)。

残りのコンテンツを表示するには、ログインする必要があります。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

脳と心と身体の統合をデザインするプロフェッショナル・ライセンス“PIT”

ウェルビーングの未来を担うのは認知科学と医療の融合です。

これを実現させる認定資格のひとつに“PIT”があります。

あなたも当会のゴールド会員になって“PIT”を目指しませんか?