概要

 2020年IASPが痛みの定義を改訂し、それまでのハード論寄りのスタンスから、大きくソフト論に舵を切ったわけですが、その後も日本の医療界に目立った動きはなく、ほぼ無風に近い状態…。

 ハード論の現場がこれを無視するのは道理ですが、ソフト論に携わる医療者はもっと声を上げていいと思います。IASPは定義改訂の文脈の中で、「痛みと侵害受容は別の現象であり、感覚ニューロン(侵害受容器)の活動は指標にならない」と言明しています。

 痛みの臨床において、主要なターゲットはソフトペインであると言い切っているわけです。

 しかしほとんどの国民は、こうした事実を知らされておらず、旧態依然としたハード論に支配されたまま、認知のアップデートは全く為されておりません。

 こうしたなか、日本の公共放送(NHK)はIASPの動き、すなわち世界の医学界の潮流を国民に知らせるべく、オブラートに包んだ番組を制作しました。IASPの改訂を直接的に報道する代わりに、ソフトペイン(番組内では痛覚変調性疼痛という用語を使用)の存在を知らせる手法を採ったのです。

 本動画では、その番組を供覧した上で、痛みの定義改訂について詳しく解説しています。是非ご視聴下さい。

動画(①~②全37分)

本講演を視聴するにはゴールド会員へのアップグレードが必要です(詳しくはこちら)。

残りのコンテンツを表示するには、ログインする必要があります。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

脳と心と身体の統合をデザインするプロフェッショナル・ライセンス“PIT”

ウェルビーングの未来を担うのは認知科学と医療の融合です。

これを実現させる認定資格のひとつに“PIT”があります。

あなたも当会のゴールド会員になって“PIT”を目指しませんか?