概要

 当会は脳にアクセスすべく非侵襲的なアプローチを追究しています。ソフト論的な介入がどこまでハードを変え得るのか…。たとえば非侵襲的な介入がグリンパティック系にどのような変化をもたらすのか、フードリングによる介入がどこまで脳を変え得るのか、そうした視点を重視しています。

 そして、このようなスタンスを堅持する背景に、絶対に忘れてはいけない医療の過去があり、今回はそのなかでも、極めて有名なロボトミー手術と、同時代に米国を席巻したサイキックドライビングについて解説しています。

 これらを知ることで、非侵襲的な介入を追究することの意義、プランBを同時進行させることの重要性がお分かりいただけると思います。是非ご視聴ください。

動画(①~②全36分)

本講演を視聴するにはゴールド会員へのアップグレードが必要です(詳しくはこちら)。

残りのコンテンツを表示するには、ログインする必要があります。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

脳と心と身体の統合をデザインするプロフェッショナル・ライセンス“PIT”

ウェルビーングの未来を担うのは認知科学と医療の融合です。

これを実現させる認定資格のひとつに“PIT”があります。

あなたも当会のゴールド会員になって“PIT”を目指しませんか?