概要

 海外サイトに「認知的柔軟性」という概念を紹介する記事があり、これに関連した痛みの臨床について解説しています。

 講演「認知科学の扉」で紹介したモンティホール問題を再び取り上げていますが、「なぜ認知科学に基づく医療なのか?」というテーゼに立ち返ったとき、認知的氷点に達しているのは高齢者だけじゃないという現実があり、医療界も自らの認知的柔軟性と向き合うべきという趣旨が透ける底巧の講演です。

〈講演内容〉
 ・認知的柔軟性とは何か~認知的氷点を経て認知的硬直性へという流れ~
 ・モンティ・ホール問題と認知的柔軟性
 ・モンティ・ホール問題「人間vs鳩」の信じ難い衝撃の結果 
 ・CRPS(RSD)患者に蔓延している「グーグル症候群&ネット検索症候群(※)」
 ・NHKの映像を利用した認知行動療法と認知的柔軟性

(※)グーグル症候群とネット検索症候群の違いについては造語一覧のナ行をご覧ください。

動画( 17分)

本講演を視聴するにはゴールド会員へのアップグレードが必要です(詳しくはこちら)。

残りのコンテンツを表示するには、ログインする必要があります。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

脳と心と身体の統合をデザインするプロフェッショナル・ライセンス“PIT”

ウェルビーングの未来を担うのは認知科学と医療の融合です。

これを実現させる認定資格のひとつに“PIT”があります。

あなたも当会のゴールド会員になって“PIT”を目指しませんか?